お菓子と私

2006年2月14日 (火)

お菓子と私

2006_0211AB 小さい頃からお菓子作りが好きでした。近所の本屋さんで買ってもらったオーブントースターでできるお菓子の本をよく読んでいたのを覚えてます。確かドラえもんの絵があったような・・・。その本をみてクッキーを大量に作ってしまい食べ切れなくて冷凍庫にしばらく保存(放置?!)されてました(笑)。それから姉と憧れのイチゴのショートケーキを作ったり、好きな人に手作りお菓子をあげたくて本を買ってはよく作ったものです。

本格的に勉強しはじめたのは、結婚して広島から上京した24歳のときです。東京製菓学校の夜間に二年間通いました。義母の紹介で喫茶店にケーキを卸しはじめ6年がたちました。その間、息子が生まれお菓子作りをお休みしてたこともありますが、おんぶをしながらケーキを作っていました。今では、私がお菓子を作っているときは、見守ってくれてるのか静かに一人で遊んでくれます。

お菓子つくりは奥深いもので、同じように作っても仕上がりが違ったり、失敗したり(泣)。まだまだ勉強不足だなと痛感してます。私が住んでるところには、おいしいケーキ屋さんがたくさんあり、デコレーションの勉強にと色々食べ歩きもしてます。太っちゃうと思いながらも、おいしい紅茶と一緒にいただいてます。

みんなを笑顔にできるようなお菓子作りをこれからも続けていきたいと思ってます。

                                      2006.2.14  takako

| | コメント (0) | トラックバック (0)